視力回復|飲む水素水はこれ!!

「ボケる、ボケないは『腸』と『水』で決まる」

 

ボケ予防といえば脳トレが有名だが、脳と腸の関係を研究し続けてきた著者は、まず腸の健康を整えることと、良質の水を飲むことこそが脳の機能維持の近道であると説く。

 

動物性脂肪やタンパク質を過剰摂取すると、腸内の悪玉菌が異常繁殖し、活性酸素発生の原因をつくる。活性酸素は老化やがん、そして認知症のリスクも高めるため、腸内環境を整えて発生を抑えることが大切だ。

 

さらに、活性酸素の除去に役立つのが、抗酸化作用が高い水素水である。ただし、水素水は価格が高く、開封後すぐに飲み干さなければならないのが難点。そこでおすすめなのがアルカリ性の水だ。ミネラルウオーターにはpH(ペーハー)表示されているので、7.4以上のものを選んで飲むようにしたい。

 



水素水の正し飲みかた

1. 摂取するときは一度にまとめてとる

 

水素水の確かな効果を得たいなら、チビチビと飲むのはNG。開封してから徐々に水素が抜けていくこと、遺伝子スイッチをオンにするためにも、一度にまとめて300~500ml程度の水素水を摂取することが有効です。
水素でアンチエイジング! 水素水を選ぶポイントとは?

2. 最低2か月くらいは継続してみる

 

日本医科大学教授の太田成男先生によると、2か月程度継続摂取し、体質が変わったという人が多いそうなので、効果をあるなしを判断するなら最低2か月は継続摂取することをおすすめします。ただし水素水は他の水に比べて高価です。毎日摂取するのがベストですが、金銭的に難しい時には週に1、2度集中して水素を600ml以上飲むなど工夫することをおすすめします。

 

3. 摂取するなら常温がおすすめ

 

水素水は湯煎で80度くらいまでならほとんど抜けることがないとも言われています。冷たい水が体を冷やすことを考えると、湯煎で80度以内に温めて摂取するか、常温で摂取するのが◎。しかし、より確かな効能を得たいなら常温で摂取するのが最も効果的であるというのが筆者の意見です。


 
痛み・悩み解決本舗 産後ダイエット ワキ汗 育毛 子宮筋腫改善 視力回復